AOKIGAHARA JUKAI

menu

Guided tour

樹海を学ぼう!
冨士・樹海周遊モデルコース

富士・樹海の自然を頭と体で学べる
モデルコースをご紹介します。

spot1

富士山世界遺産センターで
富士山・樹海の歴史を予習

富士山世界遺産センター

富士山のもつ多様な自然美を感じられる施設。
富士山の歴史から樹海の成り立ちを知ろう!

所要時間:1時間30分

spot2

昼食は溶岩焼きBBQ!
ここでしか食べられない
富士山グルメを味わう

溶岩温泉

富士山の溶岩石からつくられたプレートは、遠赤外線が放射され食材の内側からあたためられるため旨味が閉じ込められて特に肉は非常においしく焼き上げてくれます。

所要時間:1時間15分

spot3

ここが本命!
大自然を感じる
樹海ネイチャーガイドツアー

樹海案内のプロフェッショナルであるネイチャーガイドと一緒に樹海の散策コースを歩きます。ポイントごとにガイドが樹海観光のポイントを解説してくれます。

所要時間:1時間15分

spot4

終わりに、
西湖ネイチャーセンターで
こうもり穴とクニマスについて知る

西湖ネイチャーセンター

クニマス展示館や富士山や青木ヶ原樹海などについてのギャラリー、西湖コウモリ穴(入場有料)がある自然を学ぶ施設。西湖コウモリ穴は、国指定天然記念物で総延長350m以上、富士山麓の溶岩洞穴中最大の規模です。

所要時間:1時間30分

親子で富士山・樹海を学ぼう! 親子体験ツアー参加者募集中 2022年 8/6[土]・8/15[月] 応募締め切り 7/15[金]まで 募集は終了しました

募集要項

青木ヶ原樹海 親子体験ツアー

小学校高学年とその保護者を対象にしたネイチャーガイドツアー。参加者には、青木ヶ原樹海を熟知したネイチャーガイドによるツアーを通じて、青木ヶ原の貴重で多様な動植物や、美しい景観に触れていただき、この自然豊かな森林帯の保護の大切さを親子で体感していただきます。
また、今回のツアーではスマートフォン等で動画を撮影していただき、同時開催の「青木ヶ原樹海ショートムービーコンテスト」にご応募いただくことが可能です。そちらもぜひご参加ください。

ツアーの様子は後日、山梨日日新聞への記事掲載や山梨放送のニュースなどで報道されます。

ツアー日時

第1回:8月6日(土) 9:00 ~ 16:00
第2回:8月15日(月) 9:00 ~ 16:00

場所

青木ヶ原樹海(山梨県富士河口湖町・鳴沢村)

参加費

無料

【参加費に含まれるもの】
施設入場料、大型バス代金、昼食代金、ガイド費用、旅行傷害保険料
【参加費に含まれないもの】
・集合前と解散後の費用及び個人的諸費用
・補給食、飲料代、食事の際の別途飲料代

持ち物

・歩きやすい服装(長袖長ズボン)
・帽子
・履きなれた運動靴
・リュックサック
・飲料
・雨カッパ(傘は危険を伴いますのでご遠慮ください)

募集人数

各日親子15組(合計30名)

対象者

山梨県内在住の小学校高学年(4年生~6年生)とその保護者の方
感染症対策のため、1組2名様までとさせていただきます。

募集期間

2022年7月1日(金)~7月15日(金)
※募集が定員を超えた場合、抽選となります。
 当選通知は後日、要項と共にメールにてお送りいたします。

申込み方法

WEBサイト内のお申込みフォームに必要事項をご記入いただき送信してください。

ツアー詳細(予定)

【親子ツアー(定員15組30名)】

9:00 野鳥の森公園集合

9:00~9:15 始めの会

10:00~11:15 富士山世界遺産センター見学

11:30~12:30 昼食(熔岩温泉)

13:00~16:00 西湖ネイチャーセンター~野鳥の森公園
終わりの会

注意事項

歩きやすい服装、履きなれた靴、帽子を着用して森の中に入りましょう。また歩行中は転倒した際のためにも両手はフリーにして、荷物はリュックなどに入れて歩きましょう。

青木ヶ原樹海内では急な天候変化はありますので、雨具は必ず準備するようにしましょう。(傘は危険を伴いますのでご遠慮ください)

森の中に入る際には黒っぽい服装は避けるようにしてください。また、香水や匂いの強い整髪料などはつけずに森の中に入るようにしましょう。スズメバチなどを誘引する原因になります。

ツアーの様子は後日、山梨日日新聞への記事掲載や山梨放送のニュースなどで報道されることがあります。予めご了承ください。

お問い合わせ

以下のフォームよりお問い合わせください。

主催

山梨県観光文化部観光振興課​

top